出産育児一時金 受取代理制度

出産育児一時金 受取代理制度を利用しましょう

出産育児一時金とは?

 

妊娠・出産は病気ではありませんので、
多額のお金が必要であるにもかかわらず保険が使えません。
つまり原則としては全額自己負担となってしまいます。

 

そこで創出されたのが出産育児一時金です。

 

この制度では健康保険法等に基づく給付として、
2つの条件を満たしていれば一律42万円が支給されます。

 

  • 健康保険に加入している、または被扶養者になっている
  •  

  • 妊娠4ヶ月以上で出産

 

42万円の内、39万円は健保組合から、3万円は産科医療補償制度の保険料です。

 

 

自治体によって、または加入されている健保組合によっては、
付加給付が加算されて42万円+αが給付されることもありますので、
ぜひ確認してくださいね。

 

 

出産育児一時金の受取代理制度とは?

 

出産育児一時金は分娩後約2ヶ月後に健保組合から被保険者に
直接現金が振り込まれる流れになりますが、これを被保険者を介さずに
産院と健保組合が直接お金のやりとりをするようにした制度が受取代理制度です。

 

一時金の受取について医療機関(産院)を自分の代理人とすることで、
実際の出産費用と出産育児一時金(42万円)との差額分のみを、被保険者は
分娩後に医療機関(産院)に支払えばよいだけになります。

 

この制度を利用できるのは、受取代理制度に対応している医療機関(産院)で
分娩予定の方で、さらに出産予定日まで2ヶ月以内の方のみです。

 

詳しい手続き方法は各健保組合あるいは自治体窓口にお尋ねください。

 

 

厚生労働省 出産育児一時金 受取代理制度について >>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出産育児一時金 受取代理制度 母子健康手帳このページの先頭に戻る健康保険証 妊娠 出産 出産育児一時金 受取代理制度

 

 

当サイト『産み分け 女の子』を訪問いただきありがとうございます。