ハローベビーゼリー ネオサイエンス

ハローベビーゼリーの販売元について

ハローベビーゼリーの販売元はネオサイエンス(株)

 

ハローベビーゼリー

これまで産み分け用のゼリーといえば中国製しかありませんでしたが、ここにきてやっと、純国産の産み分けゼリーが登場しました。

 

使われている成分もすべて食品として利用できる安全なものばかりで、製造も日本国内限定です。

 

 

ハローベビーゼリー amazonでお買い情報チェック >>

 

 

販売元は大阪市中央区にあるネオサイエンス株式会社

 

会社名 ネオサイエンス株式会社
運営責任者 高宮かよ子
資本金 10,000,000円
所在地 大阪府大阪市中央区南船場3-6-10エミネント心斎橋ビル303
事業内容 産み分け用ゼリー「ハローベビーボーイ」「ハローベビーガール」の販売

企業コンサルティング事業 ホームページ制作 不妊治療サイト運営

 

 


「ハローベビーゼリー」ネオサイエンス株式会社 所在地 >>大きな地図で見る

 

 

ネオサイエンスはシンゲンメディカルのグループ会社です♪

 

ネオサイエンス 女の子 産み分け

ハローベビーゼリーの高い産み分け成功率は理解できて、販売しているのもネオサイエンスという会社であることが分かっても、実際に製造しているのはどんな会社なの?とチョット不安ですよね。

 

ハローベビーゼリーを実際に製造しているのは、2008年に設立されたシンゲンメディカル(株)という製薬会社です。

 

販売元であるネオサイエンスという会社は、実はシンゲンメディカルで製造されたハローベビーゼリーの販売を専門に行う子会社で、オフィスもシンゲンメディカルの大阪本社の中にあります。 (中央区南船場3-6-10エミネント心斎橋ビル)

 

シンゲンメディカルが作っているお薬は、主にがん治療薬や自己免疫疾患の治療薬。医薬品以外ではサプリメントなども製造していて、有名な大手企業(皆様よくご存知!)にOEM提供も行っています。

 

 

ハローベビーガール 販売元

 

 

シンゲンメディカルが他の製薬会社と大きく違うところは、製薬業以外に病院(アスゲンがんクリニック)も経営しているところ。

 

日本を代表するがん免疫治療の専門クリニックとして、テレビや雑誌にもよく登場する東京MITクリニックの運営にも参画しています。

 

最近では日本の良質な最先端免疫治療を海外の患者さんにも提供しようと、医療ツーリズムにも力を入れているようです♪

 

 

ハローベビーゼリー 販売元

 

 

ネオサイエンス その他の取り組み

 

ハローベビーゼリーの販売元であるネオサイエンス(株)は、遺伝子検査キットの比較やレビューあるいは購入を検討している方がアドバイスを得られる専用サイトの運営にも力を入れています。
出典:朝日新聞2014年8月7日

 

 

ネオサイエンス

 

 

 

ハローベビーを作っている会社も販売している会社も、どちらもまじめに医療に取り組んでいるシッカリした企業なので、ぜひ安心してくださいね。

 

 

ハローベビーゼリー 通販お買い得情報はこちら >>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハローベビーゼリー 女の子 ハローベビーゼリーで女の子の産み分けは可能?このページの先頭に戻るグリーンゼリー・ピンクゼリーと比べて 産み分け 女の子

 

 

当サイト『産み分けで女の子!ハローベビーゼリーのご紹介』を訪問いただきありがとうございます。こちらのページでは女の子の産み分けで有名なハローベビーガールの販売元であるネオサイエンス株式会社について簡単に説明しています。お役に立てましたなら幸いです。