健康保険証は妊娠・出産とは原則として関係ありません♪

 

健康保険証 妊娠出産

正常妊娠・正常分娩は病気ではありません。病気でなければ健康保険の適応とはなりませんので、検査や処置などのすべての費用は自己負担になります。

 

ですから妊娠しているかどうかを確認してもらうための、問診 尿検査 超音波 内診といった費用もすべて自己負担(1〜2万円ほど)になります。

 

つまり、妊娠〜出産は原則として健康保険証が登場することはありません。

 

 

ただし、経過中に他の疾患などで検査や投薬などが必要になれば健康保険証を使うことになりますので、入院手続きの際には健康保険証の提示が必ず求められます。出産入院時に必要な物品はこちらの記事を参照してくださいね。 >> 出産入院準備品リスト

 

 

健康保険証 妊娠出産

妊娠出産を期に退職しご主人の扶養になる方も多いと思います。退職したら退職日の翌日が資格喪失日になりますので、ご主人の勤め先には早めに保険証を作っていただけるようにお願いしておきましょう。

 

検診や出産時に保険証がなくても(間に合わなくても)その旨を病院に伝えておけば大丈夫です。いったん自費精算し、後日領収書と保険証を産院に持参すれば還付してもらえます。

 

産婦人科の診療内容はもともと保険の効かない自費診療がとても多く、
また無保険状態の方への対応も慣れていますのでぜひ安心して下さい。

 

 

保険証がないと補助券も使えない!?

保険のない状態でも自治体から交付される検診補助券は普通に使えます。よく勘違いされるようですが、補助券はあくまで健診に要する費用の補助であって、全額が免除される券ではありません。また自治体によって補助される金額にバラつきもあり、健診にかかった費用が補助券のカバー範囲を超える額であった場合は差額を支払うことになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

健康健康保険証 健康健康保険証 出産育児一時金 受取代理制度このページの先頭に戻る出産入院 費用 健康健康保険証 健康健康保険証

 

 

当サイト『産み分け 女の子 ハローベビーゼリー』を訪問いただきありがとうございます。こちらのページでは妊娠〜出産における健康保険証について簡単に解説しております。